Menu

JAいわて平泉

文字サイズ

JAいわて平泉について

概要

JAいわて平泉のビジョン JAいわて平泉は、「農」を通じた活動を通して、地域に暮らす全ての人々が共に生きる地域農業の姿を目指します。 JAいわて平泉のキャッチフレーズ 大地のめぐみを未来へつなぐ

JAいわて平泉の概要

正式名称  いわて平泉農業協同組合
(通称:JAいわて平泉)
代表者  代表理事組合長 佐藤 鉱一
本店所在地 〒021-0027 岩手県一関市竹山町7-1
TEL. 0191-23-3006  FAX. 0191-21-0242
設立年月日 平成26年3月1日

JAいわて平泉機構図(PDF)

ごあいさつ

一層の自己改革と具体的成長戦略実践による
「持続し続けるいわて平泉農業の確立とそれを支える経営基盤強化」を目指します。

代表理事組合長 佐藤鉱一

 令和4年度に入りました。令和3年度は、令和2年度から引き続きコロナ禍による各事業への影響や、マイナス金利政策による信用・共済事業への影響が大きく、JA経営は、かってない厳しい状況になってきています。

 また、農家組合員経営も、コロナ禍による米価の大幅な下落や肥料、飼料等生産資材の高騰により、一段と厳しさを増してきており、当JAとして、令和2年末大雪被害による農業施設の復旧支援や、昨年4月の遅霜によるリンゴ等被害への支援と併せて、米価下落対策として約6千万円の支援対策を実施しました。また、令和4年度には、約4千万円の水稲肥料等生産資材高騰対策を講ずることにしております。

 当JAとして、令和4年度は、第3次中期経営3カ年計画の最終年度となります。主要事業である信用事業等の収益減少の中、現在、過度な信用・共済事業依存からの脱却を掲げ赤字事業の収支改善等営農経済事業改革の実践中であり、合わせて令和2年度からプロジェクトとして取り組んできた農家組合員所得増大、JA販売事業の伸長および経営基盤強化に向けた「拠点機能のあり方と体制整備」方針の取り組みを進めてまいります。

 令和4年度は、当JAとして新たなJAづくりに向けては非常に重要な年となります。一層の自己改革と具体的成長戦略の実践により「持続し続けるいわて平泉農業の確立とそれを支える経営基盤強化」を目指し、組合員の皆様とともに協同活動を前進させてまいります。

 さらに昨年の不祥事発覚を受け、再発防止策の実践とコンプライアンス態勢強化に向けてもしっかり取り組んでまいります。

プロフィール(令和4年2月28日現在)

出資金 49.4億円
総資産 1,675.3億円
貯金 1,541.8億円
貸出金 163.2億円
有価証券 171.6億円
購買品供給高 54.6億円
販売品販売高 100.8億円
長期共済保有高 5,403.4億円
組合員数 20,160人
役員数 26人
職員数 548人

地域概要

本地域は、岩手県の最南端に位置し一関市、平泉町の1市1町で構成されています。南は宮城県と隣接し、“岩手県の南玄関”として東北新幹線・東北自動車道の主要駅・ICを擁すなど交通の便にすぐれています。

気象については四季を通じ温暖で、波状起伏のゆるやかな山と高原、自然景観に優れた丘陵地が北国の詩情を漂わせています。また、北上川流域をはじめ栗駒山を源流とする磐井川・夏川や金流川流域の平坦地は農業生産の適地として、水田の整備や農地の集積が進められております。